図書案内 その他

その他

時空間の視座-髙橋潤二郎先生と共に-

  • イメージを拡大
  • 新刊

時空間の視座 -髙橋潤二郎先生と共に-

ISBN
978-4-88615-307-4
発行日
2016/08/31発行
サイズ
A5
ページ数
186ページ
値段
3,300円(本体3,000円 + 税)
送料
0円

FAXでの購入申込みはこちら

本書について

 慶應義塾大学で教授、常任理事を務め、学外でも多くの要職に就かれた髙橋潤二郎先生。学術的にも社会的にも広範囲にわたりご活躍されました。

―そんな髙橋先生が2013年に亡くなられてから早3年。
 髙橋先生を師匠とする研究者やかつての同僚たちが、高橋先生の“知的挑発”に応え、一冊の本をつくりました。

 執筆者それぞれの問題意識や文章形式は異なりますが、各人の中には、髙橋先生の卓越した企画力・構想力、感性、開発力、統合力が、確かに浸透していることが文章から感じ取れます。

 時間・空間を越えて、いま一度“髙橋先生とともに”まわりの社会や物事を、新しい「視座」でとらえてみてはいかがでしょうか。

目次

第Ⅰ部 知的挑発

第1章
アイデンティティ・クライシスからの問題提起
(高橋潤二郎)

第2章
高橋潤二郎先生の視点・視野・視座
(高木勇夫)

第3章
高橋潤二郎先生の文学的側面
(井上輝夫)

第4章
占有理論前夜
(花島誠人)

第5章
ユビキタスコンピューティングと地理的理性
(武山政直)
第Ⅱ部 発想法

第6章
「問題学原論」のための序説ノート
(妹尾堅一郎)

第7章
「ゼミ」を学ぶ
(加藤文俊)

第8章
一枚の古文書が語るもの
(金安岩男)

第9章
統治のジレームとしての禅林、あるいは、既にあった「未来」
(杉浦章介)

第10章
家族世代論からのライフ・イノベーションの予期
(熊坂賢次)
 

図書申込

受験講習会申込

注目コンテンツ