企業の方へ

地域開発研究所の企業講習会の4つのメリット
Point
1
カスタマイズ講習

専門講師が、試験対策に特化した重要ポイントを、企業様ごとにカスタマイズしてわかりやすく説明します。
特に会社様ごとに異なる「工事内容」や「使用機材」について、試験で得点に結びつく解説をさせていただきます。

Point
2
講義内容を直接確認

ご担当者様も講義内容や受験者の雰囲気を直接目や耳で確認することができます。各種提出物の管理も一括で行うことができます。
そして講習会後、試験日まで個別のご質問も承ります。

Point
3
意識を高める環境を作り

企業内講習会を業務の一環である社内イベントとして実施することで、受験者だけでなく各上長の意識も高くなります。また人材教育だけでなくインターナルコミュニケーション施策としても効果を発揮します。

Point
4
年間計画でサポート

施工管理技士試験は「願書の発売・申込」「第一次検定」「第二次検定」「合格発表」など受験者ご担当者様ともに通年対応が求められます。漏れがないよう1年を通してサポートさせていただきます。

企業内講習会 実施までの流れ

STEP1

まずはお問い合わせください

貴社のニーズ、ご要望、予定人数、希望開催日等をお伺いし、お見積をご連絡させていただきます。
例えば、本社の方々は一箇所に集まり、各支店の方々はオンライン上で同時受講したい等のご要望にも対応可能です。

STEP2

実施内容についてお打合せ

実施が決まった場合、当日のプログラムや事前のご準備に伴うお打合せをさせていただきます。

STEP3

講習会の開催

貴社用にカスタマイズした講習会を開催させていただきます。ご精算に関しても、協力会社様毎に請求書を分けるなどの対応も可能です。ご相談ください。

企業内講習会の参加人数の目安は、東京近郊で20名、その他は30名となりますが、ご相談に応じますのでお気軽にご連絡ください。

企業内講習会 ご担当者様の声

A社 ご担当B様

当社は、地域開発研究所の「1級電気工事施工管理技士」企業内講習会を開催して今年(2015年)で4年目になります。

開催以前は大変忙しい現場技術員にとって「夢の資格」が、「努力すれば手の届く資格」に変わりました。具体的には、開催前の筆記・実地共に併せた合格率は18%(2011年)でしたが、開催後は67%(2014年)と大幅に改善されました。

企業内講習会の利点は、① 社員同士の意識の高揚(同期・同僚と受験するので競争心が芽生える)② 就業時間内に行うので参加しやすい、③ 交通機関による移動が少ない。の3点かと思います。

また社員のアンケートには「膨大な解説集は見るだけでうんざりするが、企業内講習会はかなりポイントを絞った解説なので分かり易かった。」「ヤル気はあるが、何を勉強すればよいか分からない。」などの声がありました。

これらを解決してくれた、地域開発研究所の企業内講習会には感謝しております。
今後ともよろしくお願いします。

企業内講習会 ご参加者の声

A社 企業内講習会参加者C様

私は、2014年度に「1級電気工事施工管理技士」の企業内講習会を受講しました。

初めにテキストを読んだときに、知らない単語や分野の違いで、全く理解できなかった部分があり、大変重い気持ちになりました。しかし、講習会での熱心な説明や例題による反復学習により、次第に理解が深まり、合格へのプロセスが描かれていきました。また、実力テストを実施したことにより、弱点を曝け出し、それを克服することで自信に繋がり、試験当日は落ち着いて問題に取り組むことができました。

今回の合格は、先生方の熱心なご指導によるもので、合格へのプロセスを導きだしてくれたからです。

一技術者として、スタートラインに立つためのチケットを獲得したに過ぎない状況ですが、今後は、「1級電気工事施工管理技士」として自己ビジョンの達成に向けて、新たな挑戦のスタートを切りたいと思います。