施工管理技士のメリット

施工管理技士のメリット

メリット1

1級「施工管理技士」は、特定建設業および一般建設業の許可基準である「営業所の専任の技術者」および建設工事の現場に配置される「監理技術者」または「主任技術者」になれます。特に、「指定建設業」の特定建設業においては「営業所の専任の技術者」や「監理技術者」は、原則として1級「施工管理技士」等の国家資格者に限定されるため、重要な資格となっています。

2級「施工管理技士」は、一般建設業の「営業所の専任の技術者」および「主任技術者」になれます。2級「施工管理技士」であっても、所定の指導監督的実務経験があれば、指定建設業以外の特定建設業の「営業所の専任の技術者」、「監理技術者」にもなれます。

ただし、「施工管理技士」の種目・種別により、対象となる建設業の種類が指定されています。詳しくは下表を参照してください。

メリット2

公共工事を元請として受注する場合に受けなければならない「経営事項審査」の技術力の評価において、1級は「5点」、2級は「2点」が配点(経験のみ等の場合は「1点」)されるため、施工管理技士の資格を取得することは所属建設会社の技術力の評点を上げることになり、その結果総合評定値を高めることにつながります。(1級で監理技術者資格者証を保有し、かつ監理技術者講習を受講した場合は「6点」)

メリット3

公共工事における総合評価落札方式で、会社の技術力をより的確に把握するため「施工管理技士」を加点対象にしている発注機関が増加する傾向にあります。

ページの上部へ戻る

施工管理技士が営業所の専任の技術者〔営〕・主任技術者〔主〕・
監理技術者〔監〕になれる建設業

級・種目(カッコ内は種別を示す) 該当する建設業の種類
1級土木施工管理技士 、と、石、、しゅ、塗、水
2級土木施工管理技士(土木) 、と、石、、しゅ、水
2級土木施工管理技士(鋼構造物塗装)
2級土木施工管理技士(薬液注入)
1級建築施工管理技士 、大、左、と、石、屋、タ、、筋、
板、ガ、塗、防、内、絶、具
2級建築施工管理技士(建築)
2級建築施工管理技士(躯体) 大、と、タ、、筋
2級建築施工管理技士(仕上げ) 大、左、石、屋、タ、板、ガ、塗、防、内、絶、具
1級管工事施工管理技士
2級管工事施工管理技士
1級電気工事施工管理技士
2級電気工事施工管理技士
1級造園施工管理技士
2級造園施工管理技士
1級建設機械施工技士 、と、
2級建設機械施工技士(第1種~第6種) 、と、
  • (注1)1級:該当業種の特定建設業の〔営〕・〔主〕・〔監〕、一般建設業の〔営〕・〔主〕
  • (注2)2級:該当業種の一般建設業の〔営〕・〔主〕
  • (注3)2級でも、該当業種のうち指定建設業以外であれば、発注者から直接請負った4千5百万円以上の建設工事について2年以上の指導監督的実務経験があると特定建設業の〔営〕・〔監〕になれる。
  • (注4)業種略号の赤文字は、指定建設業(7業種)を表す。
  • (注5)業種の略号の見方:=土木工事業、=建築工事業、大=大工工事業、左=左官工事業、と=とび・土工工事業、石=石工事業、屋=屋根工事業、=電気工事業、=管工事業、タ=タイル・れんが・ブロック工事業、 =鋼構造物工事業、筋=鉄筋工事業、=舗装工事業、 しゅ=しゅんせつ工事業、板=板金工事業、ガ=ガラス工事業、 塗=塗装工事業、防=防水工事業、内=内装工事業、絶=熱絶縁工事業、=造園工事業、具=建具工事業、水=水道施設工事業
  • (注6)上記の表には、施工管理技士以外の資格と該当業種の表示を含んでいない。

ページの上部へ戻る

施工管理技士受験ガイド