技術検定試験の受験資格

技術検定試験の受験資格

「施工管理技士」の資格取得をめざして技術検定試験を受けるためには、次の受験資格が必要です。受験資格の詳細は、試験実施機関のホームページをご覧ください。

土木・管工事
(一財)全国建設研修センター(http://www.jctc.jp/
建築・電気工事
(一財)建設業振興基金(http://www.fcip-shiken.jp/

1級 学科試験

学歴と受験種目に関する建設工事の実務経験が必要な場合

学歴 実務経験年数
指定学科卒業後 指定学科以外卒業後
大学卒 3年以上 4年6ヵ月以上
短大卒・高専(5年制)卒 5年以上 7年6ヵ月以上
高校卒 ※★ 10年以上 ※ 11年6ヵ月以上
その他 ※ 15年以上
2級合格者
  • ※★ 合格後5年以上の実務経験
  • ※★ 合格後5年未満の場合=2級の受験資格年数+6年の実務経験
  • 上記のいずれの場合も1年以上の指導監督的実務経験を含むことが必要である。
  • ※印欄の該当者が「専任の主任技術者」として1年以上の指導監督的実務経験があれば、上記の受験資格年数が2年短縮される。ただし、高校指定学科以外の卒業者が国土交通大臣が認定する資格を持っていない場合は、6ヵ月しか短縮されない。
  • ★印欄の該当者が「専任の監理技術者が必要な工事で監理技術者の指導を受けた2年以上の実務経験」があれば,受検資格年数が2年短縮される。

(注)上記は、土木、建築、管工事、電気工事とも同じである。

他の試験に合格または免許等を取得している場合

建築
2級建築士試験合格後5年以上の実務経験者(指導監督的経験1年以上含む)
管工事
「1級配管」技能検定合格者で通算10年以上の実務経験者(指導監督的経験1年以上含む)ただし、技能検定の合格年度により実務経験が不問となる場合がある。
電気工事
第一種・二種・三種電気主任技術者免状交付者で通算6年以上の実務経験者(指導監督的経験1年以上含む)または第一種電気工事士免状交付者(実務経験不問)

ページの上部へ戻る

1級 実地試験

  1. その年および前年度の学科試験合格者
  2. 他の試験合格者で所定の実務経験がある者
土木、管工事、電気工事
技術士第二次試験合格者(試験の種目により部門・選択科目が指定されている。)
建築
1級建築士試験合格者

ページの上部へ戻る

2級 学科・実地試験(同時受験する場合)

学歴と受験種目・種別に関する実務経験がある場合

学歴 実務経験年数
指定学科卒業後 指定学科以外卒業後
大学卒 1年以上 1年6ヵ月以上
短大卒・高専(5年制)卒 2年以上 3年以上
高校卒 3年以上 4年6ヵ月以上
その他 8年以上
  • (注1)上記は、土木、建築、管工事、電気工事とも同じである。
  • (注2)土木は「土木」、「薬液注入」、「鋼構造物塗装」の3種別に、 建築は「建築」、「躯体」、「仕上げ」の3種別に区分されている。

他の試験に合格または免許等を取得している場合

建築の「躯体」・「仕上げ」
該当職種の2級技能検定合格者で通算4年以上の実務経験者
(ただし、合格年度により実務経験不問の場合がある。)
管工事
「1級配管(建築配管作業)」または「2級配管」技能検定合格者で通算4年以上の実務経験者
(ただし、合格年度および級により実務経験不問の場合がある。)
電気工事
第一種、二種、三種電気主任技術者免状交付者で通算1年以上の実務経験者または第一種電気工事士免状交付者(経験不問)、第二種電気工事士免状交付者で通算1年以上の実務経験者

ページの上部へ戻る

2級 学科試験のみ受験する場合

■ 受験年度中における年齢が17歳以上の者

( 詳細は受験の手引きでご確認ください。)

ページの上部へ戻る

2級 実地試験のみ受験する場合

前年度学科試験合格者

前記《学科試験のみ受験》の合格者で所定の実務経験を有する者

  1. 受験資格
    [別表] 実地試験の受験に必要な実務経験年数

    学歴 施工管理に関する必要な実務経験年数
    指定学科 指定学科以外
    (イ) 学校教育法による
    大学卒業者
    専門学校を卒業した者のうち
    「高度専門士」と称する者
    卒業後1年以上
    の実務経験年数
    卒業後1年6ヵ月以上
    の実務経験年数
    (ロ) 学校教育法による
    短期大学卒業者
    高等専門学校(5年制)卒業者
    専門学校を卒業した者のうち
    「専門士」と称する者
    卒業後2年以上
    の実務経験年数
    卒業後3年以上
    の実務経験年数
    (ハ) 学校教育法による
    高等学校卒業者
    専門学校を卒業した者
    (上記(イ)、(ロ)の専門学校を除く)
    卒業後3年以上
    の実務経験年数
    卒業後4年6ヵ月以上
    の実務経験年数
    (ニ) その他の者 卒業後8年以上
    の実務経験年数
  2. 受験該当者
    2級施工管理技術検定学科試験合格者

     平成28年度以降の2級学科試験のみを受験して合格し、[別表]に示す所定の実務経験年数を有する者は、 学科試験を合格した翌年度から11年以内に行われる連続する2回の技術検定の学科試験が全部免除され、実地試験のみ受験することができます。 したがって、実地試験は、学科試験を合格した翌年度から11年以内に行われる連続する2回の受験が可能です。ただし、学科試験と同じ種別に限ります。

    (注)

    1. 学科試験全部免除期間である11年以内に実地試験に合格できなかった場合は、再度学科試験から受験することになります。
    2. 学科試験全部免除期間は、合格した年度の翌年度から起算します。(例えば、平成28年度に合格した場合は、平成29年度から起算して11年度の平成39年度で免除期間が終了します。)
    3. 学科試験合格後に進学した場合でも※に変更はありません。
      ※学科試験全部免除期間の延長はありません。

他の試験合格者で、所定の受験資格を満たす者

建築
1級建築士試験の合格者
土木、管工事、電気工事
技術士第二次試験のうち国土交通省が指定する部門・選択科目の合格者

ページの上部へ戻る

造園・建設機械技術検定試験の受験資格

試験機関のホームページをご覧ください。

造園
(一財)全国建設研修センター(http://www.jctc.jp/
建設機械
(一社)日本建設機械施工協会(http://www.jcmanet.or.jp/

ページの上部へ戻る

施工管理技士受験ガイド