受験講習会

地域開発研究所の実力テストの4つの特徴
Point
1
厳選された選りすぐりの問題
  • 受験講習会と同様に、過年度の試験問題を細かく分析し、その分析データを もとに編集した問題です。
  • 一から膨大な過去問題に取り組むより、効率良くかつ効果的に対策がうてます。
Point
2
自身の弱点を確認!!
  • 解答後、当研究所で採点し、後日結果表・レーダーチャートをご送付します。
  • 結果表を客観的に見ることで、分野ごとの点数を把握します。また、本試験同様、正解が60%に満たない場合は要注意です。
Point
3
本試験に備える実力テスト
  • 本番に慣れるため、本試験と同じ試験時間で問題を解いていただきます。
  • 実力テストの問題構成(出題の分野別比率)は、本試験と同じ設定です。
  • 問題の解答用紙は本試験と同様、マークシート用紙です。(午前・午後)
  • 実力テストの問題数は、本試験より多めの設定 です。
    (本試験に備えて多種の問題を解いていただきます。)
Point
4
本試験に向けて弱点克服
  • 結果表の点数を把握し、点数の低い分野を中心に復習を強化することで本試験までに効率良い学習をすることができます。
  • 「解答と解説」資料をご送付します。特に間違えて解答した問題について、解説内容を充分に確認し正解できるように軌道修正をし、本試験に備えてください。
  • 受験講習会と実力テストを組み合せることにより、問題に対する理解が深まり本試験に向けた効果的な学習ができます。

結果表(見本)

結果表サンプル

レーダーチャート(見本)

レーダーチャートサンプル