受験生に選ばれる理由

受験生に選ばれる理由2:独学の4分の1の勉強量 短期集中型講習会

施工管理技士は、建設工事現場において工程や品質、原価、安全などの施工管理を行う技術責任者です。その多岐にわたる業務内容を反映するように、施工管理技術検定試験の出題範囲は大変広く、独学で学習範囲を絞り込み、試験対策を行うのは難しいのが現実です。

Point1重点項目に的を絞り集中的に対策
技士補の習得で早期に活躍

地域開発研究所の受験講習会は、1~4日間、1日あたり6~9時間の短期集中形式で行います(科目によってコース設定は異なります)。他社が開催している1カ月~数カ月の通学型講習と比べると、学習時間は約1/4~1/10に過ぎませんが、短期間の講習会でも高い合格実績を誇るのは、試験制度を熟知した各専門分野の講師が、重点項目とそのポイントを厳選し、講義を行っているためです。

Point2不得意分野の把握が復習に有効

また、各講習会には多彩なコースを用意しており、ご自身のニーズにあった日程、受講方法から選択できます。さらに、採点分析により学習到達度がわかる実力テスト付きのコースなら、不得意分野を把握したうえで復習でき、効率よく試験対策を行えます。

結果表
分野別レーダーチャート表